シャルの甘美なる日々

シャルロッテが世界中のいろんなグルメを紹介するブログよ!

シャルの甘美なる日々

『Comida caseira Kosai』湖西市にある金土曜日限定のブラジル料理屋に行って来たわ!【静岡県湖西市吉美】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

JR東海道本線の鷲津駅にやって来たわ!

この駅の近くに金土曜日限定で営業しているブラジル料理屋があるからって連れて来られたわ!

 

それで、そのお店はどこにあるのかしら?

 

 

まずは駅前を横切っている県道301号を新所原駅方面へ進んで参ります

 

左手に「トヨタT&S建設 静岡営業所」がございます交差点を左折します

 

右手に湖西市役所が見えて参りますまで、道なりに進んで参ります

 

右手に湖西市役所が見えて参りましたら、道を右折します

 

ちなみに最寄りのバス停は、コーちゃんバスの「市役所前」バス停でございます

 

だったら最初からバスで行きなさいよ!

 

左手に緑色の2階建ての横長の建物が見えて参りましたら、小さな橋を渡って、駐車場に入ります

 

コサイグリーンビルAと言う雑居ビルの1階にございます

 

そのまんまの名前なのね、この建物

 

『Comida caseira Kosai(コミダ カゼイラ)』にやって来たわ!

コサイグリーンビルAの奥から4番目にございます、『Comida caseira Kosai(コミダ カゼイラ)』と言うブラジル料理屋でお食事していただきます

 

ブラジル料理なんてどこにも書いてないんだけど大丈夫なのかしら?

 

どこからどう見てもスナックにしか見えないんだけど

 

お店に入ると、ブラジル料理のメニューが掲げられ、厨房からブラジル人の店員が出てきて、初めてブラジル料理屋なのが分かったわ!

4人がけのテーブル席が3つ、2人ががけが2つ、1人がけがこじんまりとしたお店だったわ!

 

レジの前には、パステウ(Pastel)って言うブラジルの揚げ物が売られていたわ!

 

お店はブラジル人の夫婦がやって、物腰柔らかなおじさんが接客で、おばちゃんが料理担当だったわ!おばちゃんは基本厨房に籠りっきりだったわ!

おじさんはペラペラってほどではないけど日本語が話せたわ!

 

お店に来るのはブラジル人ばかりで、ひっきりなしに来るわね!

イートインするお客さんはいなくて全員のテイクアウトだったわ!

 

 

メニュー

メニューには、ビーフ、フィッシュ、チキンの3種類のParmegiana(トマトチーズソースがけカツレツ)に、Mexidão(肉と野菜のスクランブルエッグ)、Mistinho(ハムチーズパイ)、いろんな種類のPastel(ブラジルの揚げ物)があったわ!

メニューがわからなくても、店員のおじさんがしっかり教えてくれるわよ!

 

湖西市内にあるブラジル料理屋『FEITOS COM AMOR KOSAI』より、全体的にリーズナブルな価格設定ね!

 

Guaraná(ガラナ)

ガラナは、ガラナって言うアマゾン原産のフルーツを使った、ブラジルの炭酸ジュースよ!

レモンのような味がするスプライトみたいな炭酸ジュースで、スプライドよりは甘みが強く濃いめの味付けのジュースだったわ!

 

ブラジル料理にはやっぱりガラナよね!?

 

 

Rabada com Polenta(ラバダ・コン・ポレンタ)

ラバダ・コン・ポレンタは、牛の尻尾とポレンタをオリーブオイルと玉ねぎとハーブで煮込んだ料理よ!

オーナーのおじさんのおすすめよ!

 

牛の尻尾は、ホロホロとしていて柔らかく、プルプルとゼラチン質だったわ!それでいて肉感もあったわ!

味も食感もニハリ(牛や羊のスネ肉のカレー)にそっくりで、牛タン定食に付いてくるテールスープの牛の尻尾とは違っていたわ!こんなにゼラチン質じゃないもの!

 

テールは骨つきで、関節がたくさん付いていてゴツゴツと出っ張りの多いわね!

骨から簡単にお肉が取れるけど、ゴツゴツとした骨がニハリより食べにくいかったわ!むしろ、この食べにくさはパヤ(牛や羊の足のカレー)みたいね。

 

オーリブオイルとニンニクの効いたシンプルな味付けのスープで煮込まれていたわ!テールの旨みをそのままに、

スープにも牛の尻尾の旨みが溢れていて美味しいわね!でも、結構しょっぱかったけど!

 

オーブオイルに青唐辛子を漬けた辛味調味料が付いて来たわ!

辛味調味料をかけると辛さで味が引き締まりさっぱりとするわね!

オリーブオイルベースのスープとゼラチン質テールで、ちょっと脂っこく感じていたところに、これをかけることで、最後まで飽きずに食べられるわね!

 

Polenta(ポレンタ)

黄色い豆腐みたいなのがポレンタよ!

ポレンタは、粗挽きのトウモロコシ粉を沸騰したお湯に入れて、煮詰まるまで練りながら作る料理よ!

イタリア発祥の料理で、ブラジルに渡ったイタリア移民が持ち込んだ食べ物なのよ!

 

プルプルとした弾力があって、マッシュポテトのような芋の食感があるわね!

芋の食感がある豆腐みたいな食べ物で、ほとんどトウモロコシの味はしなかったわ!ポレンタ単体は無味で、染み込んだスープの味がするだけだったわ!

どこかで食べたことがある食べ物だと思ったら、ケニアをはじめアフリカ一帯で食べられているウガリそっくりな食べ物ね!ウガリもトウモロコシ粉で作るし!

 

ポレンタは、ウガリよりは弾力があって、豆腐に近い感じかしら?

 

Farofa(ファロッファ)

ラバダ・コン・ポレンタには、ファロッファと言う行ったキャッサバ芋で作る、ブラジルのふりかけが付いて来たわ!

細かく刻まれたニンジンとキャッサバ芋がカラカラになる程痛められていて、パラパラと乾燥したチーズが和えられていたわ!

 

これをラバダ・コン・ポレンタにふりかけると、ピザのようなジャンキーな味に変化したわ!そこに辛味調味料を加えるとより美味しくるわね!

 

サラダ

サラダは、レタスの葉2枚に、輪切りのトマト2つを乗せただけだったわ!

ニンニクとオリーブが効いた酸味のあるドレッシングがかけられていたわ!

 

それにしても少な過ぎよ、このサラダ!

 

豊橋のブラジル料理屋なんか、ミニでもちゃんとしたボリュームのサラダが、付いて来たのに!

 

 

ライス

ライスは白米に見せかけて、コンソメスープのような味がしたわ!

それにしてもこのライス、トルコ料理のシェフリイェ・ピラウ(パスタ入りピラフ)と同じ味がするわね!遠く離れた国の料理なのに!

 

Feijão(フェイジョン)

フェイジョンは白インゲン豆を使ったシチューで、ブラジルでは味噌汁ポジションの料理なのよ!

 

フェイジョンには、溶けかけの白インゲン豆がたくさん入っていて、全体的にとろみがあるわね!肉が入ってないのに、豆だけでない、しっかりとした旨みと深みが感じられるわね!

量が少なく見えるけど、豆がたくさん入っていから食べ応えがあったわ!

 

 

店舗詳細

関連ランキング:ブラジル料理 | 鷲津駅

 

おわり。