シャルの甘美なる日々

金髪碧眼美少女シャルがちょっと怪しいものを実食したり、ちょっと怪しい?レストランで食レポしたりするブログ。

シャルの甘美なる日々

『PAK LAHORI RESTAURANT』荒子川公園の近くにある本格パキスタン料理屋に行って来たわ!【愛知県名古屋市港区名四町】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あおなみ線の荒子川公園駅にやって来たわ!

この駅の近くにガチのパキスタン料理屋があるからって連れてこられたわ!

 

それでそのお店はどこにあるのかしら?

 

 

まずは駅とクロスしている通りを、荒子川公園とは反対方向に進んで参ります

 

一つ目の交差点を右折します

 

そしてひたすら真っ直ぐ進んで参ります

 

全然日陰が無くてクソ暑いったらありゃしないわ!

 

名四国道のフェンスのある交差点に辿り着くので左折します

 

左手に江頭2:50の看板が見えてきますので、ここを右折します

 

江頭2:50もここ右折を言っておられるので、ここを右折です

 

しかし、Uターンはしません

 

しつこいわよクソメイド!

 

そして住宅街の中を真っ直ぐ進んで参ります

 

『PAK LAHORI RESTAURANT(パーク・ラホーリー・レストラン)』にやって来たわ!

真っ直ぐ進んで行くと、左手に茶色いマンションが見えて参ります

 

こちらのマンションの1階にある「PAK LAHORI RESTAURANT(パーク・ラホーリー・レストラン)」と言うパキスタン料理屋でお食事していただきます

 

ちょっと!鍵が閉まっててやってないじゃない!

 

でも中から料理の匂いがしてくるわね

 

どういうことなのよ!?

 

シャル様がうるさいから中から開けてくだりましたよ

 

うるさいって何よ!?

 

店内は居抜きの時のそのままの全く飾り気のない内装だったわ!

テーブル席とお座敷があって、テーブル席は全席6人掛けだったわ!

 

店員はパキスタン人のおじさん一人だけで、片言の日本語が話せたわ!

 

 

メニュー

メニューには一切日本語が書かれてなかったわ!

ナンとカレーとタンドリーチキンのセットから、カラヒ(カレー鍋)、ニハリ(すね肉のカレー)、パヤ(脚肉のカレー)、カリ・パコラ(パキスタンの天ぷら入りヨーグルトカレー)といったパキスタンのカレーもあったわ!

ランチメニューもあってナン・サラダ・カレーのセットだったわ!

 

サラダ

オレンジ色の酸味やあるドレッシングがかけられていたわ!

ここまでは普通のサラダだけど、タマリンドのフルーティーな酸味と、唐辛子の舌を刺す辛さと、クミンの独特な風味がする粉がかけられていて、エスニックな感じのサラダだったわ!

 

ビーフニハリ(Beef nihari)

ビーフニハリを注文したわ!

本当はパヤを食べたかったけど、なかったのでニハリにしたわ!

 

ニハリには、めちゃめちゃ大きなスネ肉が乗っかっていたわ!ニハリはこうでなくちゃ!

 

玉ねぎの旨味とニンニクのパンチと生姜の清涼感のあるスープで、カレーともシチューともつかないまさにニハリって味だったわ!

トロトロととろみがあるスープで、味付けは八潮のアルカラムに近いわね!アルカラムよりは脂っこさがなく、塩味が強い感じかしら。

 

最初はそれほど辛くないけど、食べ進めていくうちにどんどん辛くなっていくわね!それも舌が熱くなるような辛さよ!!

 

この辛さが堪らないのよね!

 

巨大な牛のスネ肉は、ホロホロになるまで柔らかく煮込まれていたわ!

羊のニハリより筋が多めで、肉そのもの弾力もしっかりあったわ!

ビーフのはずなんだけど、マトンのような味がするわね!そして、ほんのりとビーフジャーキーのような味もきたわ!

羊のニハリよりはクセがなく食べやすかったわ!

でも、ニハリはマトンの癖とニンニクと玉ねぎが効いたスープが合わせが最高だから、マトンのの方が好みだったわ!

 

 

ロティ(Roti)

ロティは、パキスタンでよく食べられてるパンよ!

嬉しいことに2枚標準装備だったわ!

 

ナンと違って油が塗ってないから淡白ながら、小麦の風味がしっかりとする無骨な味わいだったわ!

 

淡白で無骨な味わいだから、ちょっとオイリーなニハリとよく合うわね!それに加えて、小麦の風味とニンニクと玉ねぎがきいたスープとの相性がいいわね!

 

やっぱりニハリにはロティよね!

 

コーラ

サービスでコーラが付いてきたわ!

辛いカレーを食べた後のコーラって最高ね!!

 

店舗詳細

 

おわり。