シャルの甘美なる日々

シャルロッテが世界中のいろんなグルメを紹介するブログよ!

シャルの甘美なる日々

『+221 RESTAURANT & CAFE』若葉駅の近くにあるセネガル料理屋に行って来たわ!【埼玉県鶴ヶ島市富士見】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東武東上線の若葉駅にやって来たわ!

この駅の近くにガチのセネガル料理屋があるからって連れて来られたわ!

 

それでそのお店はどこにあるのかしら?

 

 

若葉駅東口から、ショッピングモール「ワカバウォーク」へと通ずる歩道橋を進んで参ります

 

そして進んで2つ目の階段を下ります

 

階段を下りたら、右手に目的のお店が見えて参りますまで直進します

 

『+221 RESTAURANT & CAFE』にやって来たわ!

左手に見えて参ります、『+221 RESTAURANT & CAFE』と言うセネガル料理屋で、お食事していただきます

 

隣にはセネガル食材店もあるのね!

 

店内は、真っ黒い椅子とソファーに、グレーの壁紙、落ちつたい色合いの木底のテーブルとカウンターのシックな内装になっていたわ!

4人がけのテーブル席が3つ、2人がけが2つ、カウンターが3席のこじんまりとした店内だったわ!

 

レジの隣ではケバブが焼かれていたわ!

 

お店の壁にはテレビがかけられていて、セネガルのミュージックビデオが流されていたわ!

 

水は黒いポンプを押してボトルの水を注ぐ見たことないスタイルだったわ!

 

お店は、かなり流暢な日本語を話せる、背が高いセネガル人のお姉さんが接客をしていたわ!この人がオーナーらしいわ!

 

12時頃は日本人客が多かったけど、13時過ぎにセネガル人がぞろぞろとたくさんやって来たわ!

この辺一体ってセネガル人が多く住んでいるのね!

 

メニューのデザインも内容も狭山ヶ丘のワールドフードレストランとそっくりだから姉妹店なのかしら?それで、店員のお姉さんに訊いたらワールドフードレストランは姉妹店らしいわ!

ワールドフードレストランのオーナーもこのお姉さんで、シェフもワールドフードレストランから移って来てるらしいわ!

でも、若葉から狭山ヶ丘まで遠くて週に1回しかいけないから、近々オーナーを別の人に譲って、姉妹店じゃなくなるらしいわ!

 

このお姉さんがオーナーなら、日本人と変わらないくらい流暢な日本語を話せて、オーナー感を醸し出していた、あのセネガル人夫婦はなんだったのよ?

 

メニュー

マフェ、ドモダ、チュー、ヤサ、ボロヘ、スープカンジャ、チェブジェンといろんなセネガル料理があったわ!

ワールドフードレストランの姉妹店だけあって、メニュー構成もメニューのデザインも一緒だけど、C' bon(セボン)、Yassa Poission(ヤサ・ポアソン)といった魚料理が増えていたわ!

 

セネガル料理屋なのにケバブも売られていたわ!

セネガルでもケバブを食べられているのかしら?

 

ランチメニュー

ランチメニューはマフェ、ドモダ、チュー、ヤサ、ボロヘ、スープカンジャにライス、サラダ、ドリンクが付いたセットメニューになっていたわ!

ワールドフードレストランと同じく990円のリーズナブルな価格設定になっていたわ!

 

Thieboudienne(チェブジェン)

日曜日限定のチェブジェンを注文したわ!

チェブジェンは、鯛と野菜をじっくり煮込んで、そのスープでご飯を炊き込んだ料理よ!まさにセネガルの鯛めしね!

リベリア、ガーナ、ナイジェリア、カメルーンなど、西アフリカの国々で食べられているジョロフライスの元となった米料理で、世界遺産にも登録されてる料理よ!

 

チェブジェンは作るのに時間がかかる料理で、12時半から13時に完成するのよ!
オープンの11時に行っても出来上がってないから気を付けなさい!

 

ライスは、鯛の上品な出汁が効いた炊き込みご飯って感じの味で、味付けは和食そのもの、ほんのりとトマトの酸味もあるわね!

ライス自体は、薄味だから具材や調味料と合わせて食べるのよ!

上に乗っっかっているレモンを絞ると、酸味が加わりさっぱりするんだけど、すぐにレモンの酸味が消えて無くなっちゃうわね。

 

チェブジェンには、出汁を取るのに使ったナス、キャッサバ芋、大根、カボチャ、キャベツが付いてい来たわ!

ナスはしっかりと出汁が染み込んでいて、ほんのりトマト風味のおひたしみたいだったわ!

 

カボチャはしっかり煮込まれているけど、それほど出汁が染みていないから、蒸したカボチャね。

ダッカール(タマリンドソース)に付けて食べると、カボチャの甘みに、酸味と辛味が加わって更に美味しくなるわね!

 

大根はおでんみたな味がして、噛んだ瞬間にスープが口の中に溢れるのもおでんそのものね!ほんのりとトマトの酸味もあって、トマトおでんに入っている大根みたいね!

 

キャッサバ芋は甘くないサツマイモみたいな味で、ほんのりとトマト味のおでんのような味がしたわ!

 

鯛は、内側にハーブが練り込まれていて、手が込んでいるわね!

ハーブは清涼感があって、鯛の上品な旨味に加えて味に深みが出てくるわね!

 

ワールドフードレストランと同じく、Pathial Piment Extra Fortって言う唐辛子、塩、酢から作られるセネガルのチリソースが付いて来たわ!

 

ソースをかけるとしっかりと辛さが加わりさっぱりとするわね!その代わり、付属の調味料のスパイスの風味が消えてしまうけど。

 

ダッカール

ダッカールはタマリンドのスパイス漬けよ!

タマリンドのフルーティーな酸味に加えて、しっかり塩気があって梅干しみたいね!

スパイスが効いていて、ピリッと辛く、スパイス風味の梅干しみたいな調味料だったわ!

 

ネテトゥ(セネガル納豆)

これはセネガルの納豆でネテトゥって言うのよ!語感までそっくりよね!?

納豆にブルーチーズを少し加えたような強烈な香りがしたわ!

 

臭いは強烈なんだけど、ほんのりと納豆の味がするだけで、酸味の効いたスパイスのペースト調味料って感じの味で、全然クセがなかったわ!

納豆よりインドのミールスや、ネパールのダルバートに付いて来そうな調味料ね!

 

チェブジェンにかけると、いっきにネテトゥの臭いが弱まるのが不思議ね!

他の調味料と合わせてかけると特に!

 

ネテトゥよりリベリア料理に付いて来た辛味調味料の方が、味も臭いも納豆に近かったわだったわ!

 

 

ブジェック

ブジェックはハイビスカスの葉っぱを使った辛味調味料よ!

花のいい香りがする胡椒みたいな調味料で、ほんのり山椒風味の塩胡椒だったわ!

これをチェブジェンに振りかけると、ほんのりと花のいい香りが広がるわね!

 

調味料を一通りチェックしたところで、鯛とダッカールとネテトゥとブジェックをチェブジェンに混ぜてブジェックを食べてみたわ!

すると、鯛の旨みが引き立つと同時に、いろんなスパイスの味が合わさって複雑かつ深みのある味に変化するわね!そして、スパイシーないい香りも引き立つわね!

 

Thiakry(チャキリ)

チャキリはトウジンビエのクスクスとヨーグルトを使ったセネガルのデザートよ!

 

甘みのあるヨーグルトで、とろみがあってヨーグルトそのものなんだけど、ヨーグルトとはちょっと違った味で、酸味が控えめで甘みの方が強かったわ!

クスクスツブツブとした食感と、ココナッツのザクザク感があって、食感的にも楽しめるわね!

 

クスクスには甘みが付いていて、単体でも食べられるわね!

 

チャキリそのものはそれほど甘くないけど、甘いクスクスやレーズンが入っていることで、程よい甘さになっていてたわ!そして、ココナッツの爽やかな甘い香りが、甘さを引き立たせるわね!

 

AfriButik(アフリブティック)

レストランの隣には、「AfrButik(アフリブティック)」って言うセネガル食材店があったわ!

 

店内はこじんまりとした個人商店って雰囲気ね!

 

棚にはセネガルの食材や調味料に、卓上調味料、粉末状のドリンクに、ドリンクの原材料まで並べられていたわ!

 

調味料だけじゃ無くてお肉も売られていたわ!

 

店舗詳細

 

おわり。